経験を力に変えて転職回数をアピールをしよう

転職回数を強みに変えよう

転職回数が多くても採用されやすい仕事

転職回数が多くても採用されやすい仕事があります。営業職は収入面での不満を持った人が転職する率が高く、営業は自分の頑張り次第で収入にも大きく影響する場合が多くやりがいを感じている人が多いです。介護職は離職者が多い業界で高齢化社会の影響もあり人材不足となっていますから転職回数をあまり気にしない事業所が多い様です。建設業界は東京オリンピック開催の為の新施設増築が始まっており人手がいくらあっても足りない状態になっていますから転職回数を気にする企業は少ない様です。

転職回数を強みに!

転職回数が多くて悩んでる人はいませんか。転職回数を自分の経験としてメリットに変えて自己アピールができるのです。どのようにアピールすればいいのか考えていきましょう。お問い合わせはこちらまで。

アピールの仕方で強みに変えることができる

転職回数が多いことが全てデメリットにはならない

転職回数が多いことが転職において必ず不利になる訳ではありません。転職回数が多いことを誤魔化さないことは良いことです。転職に不利になると思ってしまい小細工をして転職回数を誤魔化してしまうような人は自分を不利な状況に追い込んでしまっていると言えます。転職回数を誤魔化すような小細工を採用担当者に見抜かれた場合は必ずそのことを突かれてしまいます。採用担当者だってそのようなことはしたくないでしょうが気付いてしまった場合は無視することは出来ないでしょう。ですから転職回数を強みに変えて正直な気持ちを持つことは大切です。

転職回数が多いことが全てデメリットにはならない

転職回数を強みに変える

転職回数が多いと言うことはそれだけ色々な業務を経験していることにもなりますから、自分の経験値としてアピールしましょう。例え短期間の仕事であっても経験はしているはずです。そのようなことを書き出してみることで自分のやってきたことが見えてくると思います。辞めざるを得なかったことに対しても考えて下さい。どのような出来事があって辞めたのか、その選択は正しかったのか、それとも後悔をしているのか、具体的に考えてみることで失敗をしない転職に繋がることがあります。

転職回数を強みに変える

今までの経験と転職を希望する業務の接点を探す

これまで自分がしてきた仕事の経験と新たな転職希望先の接点を考えてみて下さい。自分の経験をこの仕事に活かすことが出来ると考えることが重要です。少しでも同じような業務経験をしたことがあるなら多少なりとも経験者です。未経験者と比べた時に有利になることだって少なくありません。業務内容が当てはまらなかったとしても、経験してきたことの中には活かせることがあるはずです。経験を整理することも大切です。今までの仕事がなぜ自分に合わなかったのかを明確にすることで、仕事の選び方を学ぶことが出来るはずですから、転職先選びに活かすことが出来るでしょう。

今までの経験と転職を希望する業務の接点を探す

自己アピールをする

転職回数が多い人は企業から必ず理由を問われます。そのような時に御社であれば長く勤められます、などと言っても信憑性も信頼性もありません。ですから自己アピールとして素直に答えましょう。例えば今までは企業を選ぶ際に重視していたことが○○でしたが、長続きせず、転職を繰り返してしまうことで気付いたことがあり、その経験を活かし企業を選ぶ際の基準に○○を外して考えた時に御社の存在に気付くことが出来ましたなど、転職回数が多いことを認めた上で、その経験を活かし学んできたことをアピールすることで、採用する企業側に採用すべき人材だと思ってもらうことが重要です。

自己アピールをする

おすすめ!

転職回数が多いとどのようにアピールすればいいのでしょうか。不利になると考えることが多いですが、様々な経験をしているとも言えるのです。経験をプラスに考えましょう。