若い世代におすすめ!未経験者も手に職をつけて活躍できる業界

転職回数を強みに変えよう

転職回数が多くても採用されやすい仕事

転職回数が多くても採用されやすい仕事があります。営業職は収入面での不満を持った人が転職する率が高く、営業は自分の頑張り次第で収入にも大きく影響する場合が多くやりがいを感じている人が多いです。介護職は離職者が多い業界で高齢化社会の影響もあり人材不足となっていますから転職回数をあまり気にしない事業所が多い様です。建設業界は東京オリンピック開催の為の新施設増築が始まっており人手がいくらあっても足りない状態になっていますから転職回数を気にする企業は少ない様です。

転職回数を強みに!

転職回数が多くて悩んでる人はいませんか。転職回数を自分の経験としてメリットに変えて自己アピールができるのです。どのようにアピールすればいいのか考えていきましょう。お問い合わせはこちらまで。

将来性とチャンスの多さが魅力のIT業界

まだまだ伸びるIT技術の需要

通販サイトやSNSの利用をはじめ、私たちはさまざまなシーンでIT技術と関わりを持っています。そして、この傾向は今後も続くと考えられるため、IT技術の需要はさらに拡大することは必至でしょう。また、このような背景から、プログラマーやシステムエンジニアは求人数が増えており、転職市場においてチャンスを掴みやすいといわれています。

まだまだ伸びるIT技術の需要

IT業界を5つに分類して事業内容を比較!

IT業界と一口にいっても、展開している事業はさまざま。技術が進化するにしたがって、その業態は細分化されつつあります。そこで、ここではIT業界を大きく5つに分類して、その特徴を紹介しましょう。

【情報処理サービス業界】
ハードウェア業界とソフトウェア業界の両方の事業をカバーしているのが特徴。クライアントが情報システムを導入する際に必要なサービスの提供を行います。

【インターネット業界】
インターネットを活用したサービスを展開します。事業内容は2つに分けることができ、企業に対してWebサイトの制作やネットワークの構築を行うものと、SNSやポータルサイトのような個人に対してサービスを提供するものがあります。

【通信インフラ業界】
音声やデータなどのやり取りを可能にするために、通信回線を構築したり、通信機器や施設を設置したりします。

【ソフトウェア業界】
PCやスマホ上で使用するソフトウェアの開発を担う業界です。取り扱うソフトウェアは、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトに分けられます。

【ハードウェア業界】
PCやゲーム機、モバイル端末などのハードウェアを扱う業界のことを指します。

IT業界を5つに分類して事業内容を比較!

IT業界でニーズが高い職種とは?

今後も成長が見込めるIT業界を目指す場合、狙い目の職種はプログラマーとシステムエンジニアでしょう。プログラマーはソフトウェアを開発する際に要となる職種であり、システムエンジニアはプログラミングの専門知識を有し、プロジェクト全体に関わる仕事をするため、IT業界には欠かせない存在だからです。プログラム言語にはトレンドがあるため、人気の言語をマスターしておくと、より多くのチャンスを得ることができるでしょう。

IT業界でニーズが高い職種とは?

未経験からIT業界を目指す場合

IT業界はハードルが高い印象がありますが、若い世代に対しては、初心者にも門戸を開いている企業がたくさんあります。しかし、プログラミングにまったく触れたことがなければ、採用が厳しくなるのは事実です。そのため、IT系の資格を取得したり、オンラインスクールや書籍を活用してIT関連の知識を身につける努力をしましょう。学ぶ姿勢は採用担当者へのアピールになるだけでなく、就職後も役立つはずです。

未経験からIT業界を目指す場合

おすすめ!

転職回数が多いとどのようにアピールすればいいのでしょうか。不利になると考えることが多いですが、様々な経験をしているとも言えるのです。経験をプラスに考えましょう。