人の役に立つ仕事に転職するなら介護職

転職回数を強みに変えよう

転職回数が多くても採用されやすい仕事

転職回数が多くても採用されやすい仕事があります。営業職は収入面での不満を持った人が転職する率が高く、営業は自分の頑張り次第で収入にも大きく影響する場合が多くやりがいを感じている人が多いです。介護職は離職者が多い業界で高齢化社会の影響もあり人材不足となっていますから転職回数をあまり気にしない事業所が多い様です。建設業界は東京オリンピック開催の為の新施設増築が始まっており人手がいくらあっても足りない状態になっていますから転職回数を気にする企業は少ない様です。

転職回数を強みに!

転職回数が多くて悩んでる人はいませんか。転職回数を自分の経験としてメリットに変えて自己アピールができるのです。どのようにアピールすればいいのか考えていきましょう。お問い合わせはこちらまで。

無資格でもできる介護職

初めてなら介護職

未経験でも出来るのが介護職です。経験が無い仕事なら心配や不安もありますが、大丈夫です。未経験でも現場でバリバリ働いてる介護職員の方は大勢いらっしゃいます。最初から上手に仕事をこなせる人なんていませんから安心して下さい。もちろん専門の学校を出て介護職員になる方もいます。しかし、未経験から現場で働きながら知識や技術を学び、資格を取得して行ってどんどんキャリアアップしている方も大勢いるのが介護職の特徴です。介護の業界は高齢化社会の影響もあり深刻な人材不足でもありますから未経験でも採用してくれる事業所が多いのもおすすめの理由です。

初めてなら介護職

介護職員として働く職場

介護職と言っても様々な働く場所がありますのでご紹介します。施設に入所されている方のお世話をする職場、在宅で介護されている方が通いで施設にやってくる職場、ご自宅を訪問してお世話をする職場があります。それぞれに介護サービスの内容は異なりますが、共通していることは利用者さんのケアをすることです。食事や排泄の介助、着替えや入浴など利用者さんの方が自分自身で出来ないことをサポートするのが介護職員の役割です。話し相手になって心の支えになることもあり利用者さんからの信頼も必要な仕事ですが精神面のケアも重要なサポートです。

介護職員として働く職場

感謝される仕事が介護職

当たり前に出来ることが出来なくなるから介護が必要になります。介護職員の仕事は出来なくなったことをやってあげることではありません。利用者さんの当たり前を取り戻すお手伝いをすることが介護職員の務めです。その中には大変なこともありますが、利用者さんやそのご家族の方から感謝されることが多いでしょう。そういった意味で大変やりがいがあり、重要でなくてはならない仕事だと言えます。

感謝される仕事が介護職

働くスタイルは?

介護の仕事は夜勤もあり辛そうと思われがちですがそんなことはありません。どのような施設にも夜勤があるわけではありません。デイサービスのような施設であれば昼間の定時上がりが基本です。入居型の施設であっても夜勤や残業が自分の生活スタイルと合わないのであれば、パートやアルバイトで働く方法もありますから夜勤や残業の心配がなくなります。夜勤は辛い分、手当が付きますから稼ぎたい人には良いでしょう。このように働くスタイルでお給料も時間も変わりますから自分に合った働き方が出来るのが嬉しいですね。人の為にもなり、キャリアアップも出来る仕事が未経験で始められるのですから、大変おすすめの仕事です。

働くスタイルは?

おすすめ!

転職回数が多いとどのようにアピールすればいいのでしょうか。不利になると考えることが多いですが、様々な経験をしているとも言えるのです。経験をプラスに考えましょう。