転職するなら今がチャンスの建設業の仕事

転職回数を強みに変えよう

転職回数が多くても採用されやすい仕事

転職回数が多くても採用されやすい仕事があります。営業職は収入面での不満を持った人が転職する率が高く、営業は自分の頑張り次第で収入にも大きく影響する場合が多くやりがいを感じている人が多いです。介護職は離職者が多い業界で高齢化社会の影響もあり人材不足となっていますから転職回数をあまり気にしない事業所が多い様です。建設業界は東京オリンピック開催の為の新施設増築が始まっており人手がいくらあっても足りない状態になっていますから転職回数を気にする企業は少ない様です。

転職回数を強みに!

転職回数が多くて悩んでる人はいませんか。転職回数を自分の経験としてメリットに変えて自己アピールができるのです。どのようにアピールすればいいのか考えていきましょう。お問い合わせはこちらまで。

オリンピック需要で引っ張りだこの建設業

オリンピックの影響で建設業界は売り手市場

建設業界は売り手市場になっています。要因としては経済の回復がありますが、2020年の東京オリンピックの開催も要因になっています。日本は過去に東京オリンピックで高度経済成長へ転換した歴史があります。今と当時とでは比較することは難しいですが、東京オリンピックの開催が決定したことで転職市場が底上げされていることは間違いありません。東京オリンピックの開催で恩恵を受ける可能性が高い業界は業績を伸ばしています。その中でも建設業界は特に業績を伸ばしています。そのため求人も多くあり活気があります。

オリンピックの影響で建設業界は売り手市場

建設業界への転職は今がチャンス

建設業界の求人は今非常に多く、建設業界に興味があるのであれば転職するチャンスだと言えます。転職エージェントからの評判も高く転職するならおすすめの業界です。

建設業界への転職は今がチャンス

変わって来ている建設業界

転職エージェントの中では今まで建設業界に特化していなかったところであっても、特化した部隊を設置するなどその評価は非常に高く、まさにこれからうなぎ上りの業界になることが予想されています。特化している転職エージェントはその分野の専門家ですから経験のある転職エージェントであれば横の繋がりや、太いパイプも持っているでしょうから転職をする際には心強い味方になってくれるでしょう。

変わって来ている建設業界

建設業界が潤う理由

オリンピック開催でなぜ建設業界の業績が拡大しているのか考えてみましょう。オリンピック開催にあたり増設や改築を行う必要性があります。世界各地から大勢の人が日本に来ますから当然です。建設業界には大手ゼネコンを中心に依頼が入り、それを下請け、孫請けの業者が恩恵を受けます。1つ会場を建設するだけで数億、数十億のお金が動きますから、その利益率が転職市場と関係してきます。機械やデジタル化の発展があり、デジタル的な建設が多くなってきてはいますが、やはりデジタル化には限界があり、人の手が無ければ無理な作業がたくさんあります。そのため求職者の方には転職機会のまたとないチャンスです。

建設業界が潤う理由

完全な建設には人手が必要

売り上げが上がっても利益は低いと言われています。人手が不足している分、採用人数を増やすしかありません。建設業界としては利益を得る為に人件費を削減したい、そうすることでもちろん利益は上がります。しかし建設する建物は人が利用するものですから法律により安全配慮などが厳しく定められています。そのため完全な建設を行う為には人件費を惜しむわけにはいきません。ですから多くの求人が建設業界から出ることになるわけです。

完全な建設には人手が必要

おすすめ!

転職回数が多いとどのようにアピールすればいいのでしょうか。不利になると考えることが多いですが、様々な経験をしているとも言えるのです。経験をプラスに考えましょう。