転職で新しい仕事をするなら営業職

転職回数を強みに変えよう

転職回数が多くても採用されやすい仕事

転職回数が多くても採用されやすい仕事があります。営業職は収入面での不満を持った人が転職する率が高く、営業は自分の頑張り次第で収入にも大きく影響する場合が多くやりがいを感じている人が多いです。介護職は離職者が多い業界で高齢化社会の影響もあり人材不足となっていますから転職回数をあまり気にしない事業所が多い様です。建設業界は東京オリンピック開催の為の新施設増築が始まっており人手がいくらあっても足りない状態になっていますから転職回数を気にする企業は少ない様です。

転職回数を強みに!

転職回数が多くて悩んでる人はいませんか。転職回数を自分の経験としてメリットに変えて自己アピールができるのです。どのようにアピールすればいいのか考えていきましょう。お問い合わせはこちらまで。

ダントツトップは営業職

未経験での採用は営業職がおすすめ

早い段階での転職を希望する方のほとんどが業界や職種を変える転職を希望しています。つまり転職をする際に多くの方が未経験の職種に挑戦していることになります。ではどのような職種が未経験でも挑戦することが出来ているのかを考えてみましょう。求人メディアの調査では営業職や事務職が多いことがわかっています。事務職は正社員での雇用も少なく、男性であれば抵抗を感じる方も多いので営業職が断然多い様です。

未経験での採用は営業職がおすすめ

どのような職種から営業職に転職をしているのか

どのような営業職の転職先があるのか考えてみましょう。アパレルや飲食、小売業界などの店舗接客、販売員からの営業、個人向け営業から法人営業、人材業界の営業からインターネット業界への法人営業(商材が変わる)、事務、経理、エンジニア等の異職種からの営業、教師からの営業、公務員からの営業など以前の職種は様々あります。

どのような職種から営業職に転職をしているのか

営業職の中身とは

営業職と言っても様々な営業職があり、それを大きく分類すると顧客層、商材の種類、営業スタイルなどから組み合わせによって、同じ営業職でも違いが出てきます。営業職とひとくくりに言っていますが、会社によって全く仕事内容が異なるのです。

営業職の中身とは

営業職の人気ランキング

転職市場での営業職のランキングは上から順番に法人向け無形商材、法人向け有形商材、個人向け無形商材、個人向け有形商材、店舗接客販売になります。イレギュラーなケースもありますが、単純化するとこのようなランキングになります。上にいけばいくほど、給料は高くなり、仕事の難易度も上がり、やりがいも感じられやすいです。

営業職の人気ランキング

営業職の特徴

営業職にどのような特徴があるのかを考えてみましょう。年収レンジが高くなる、製品がない営業は提案の奥深さが深まりますから難易度は上がります。商品がある場合は専門性が身に付けやすい、売り物がある営業は自分の提案自体が差別化しやすいためやりがいを感じられるなどの特徴があります。

営業職の特徴

未経験での営業職の採用先

未経験での雇用を積極的に採用している業界は製薬メーカー、生命保険、不動産、オフィス機器、営業代行などがあります。なぜこのような業界が多いのか?その理由は一概には言えませんが、業界自体の市場の規模が大きいことや離職率が高いことも考えられます。

未経験での営業職の採用先

おすすめの業界

未経験での営業職をするならおすすめの業界は人材、広告、メディア、インターネット、ITがおすすめです。経験があるのであれば、また違う業界もありますが、未経験であれば挑戦しやすく、転職市場でも積極的な採用を行っていますからこれらの業界がおすすめです。共通項としては、すべて無形法人営業という点です。また業界によっては専門性を身につけることが出来、他社からの引き合いや選択肢を増やしやすい、やりがいを感じられる、給与を上げやすい面があります。

おすすめの業界

おすすめ!

転職回数が多いとどのようにアピールすればいいのでしょうか。不利になると考えることが多いですが、様々な経験をしているとも言えるのです。経験をプラスに考えましょう。